「黒染め」は美容室でしましょう。

こんにちは!


最近また増えてきましたね。

学生さんの就職活動、

そして年が開けると次は環境の変化で

黒くしないといけない。という時期もあっという間にきてしまいます。

 

 

そこでなんで「黒染め」をしちゃうと明るくなりづらいのかとなぜ思った色になりにくいのかを

お客様に聞かれるのでそこに沿って

お話しいたします。

 

黒染めをしてるのとなぜ明るくならないのか!




 

知ってますでしょうか?




 

本気で【黒】してしまうと

色持ちは良くツヤ感もとてもでます。

image

ですが!普通のカラー剤で普通の黒染めしていない髪の毛と同じ明るさの薬を使ったとしても

明るくはなりません。

むしろ逆に暗くなることがあるんです。

 

想像し易く、

黒の画用紙と白の画用紙で

例えます。




 

白の画用紙(つまり、黒くしていない髪)では

青(アッシュ系)で書くと

とても綺麗に明るい青が書けると思います。

を書いても見えないですよね。




一方、




 

黒の画用紙に青で書くと

更に黒が濃くなったような紺色ぽくただ

ツヤが出ただけな感じになると思います。




 

ご想像できますでしょうか?

髪もそれと同じで

 

元のベースのが『茶』ではなく『黒』になっていると明るくもならなければ

もちろん色も入りません。

image

 

ですが実際はできないことはないんですよ。

 

 

ブリーチを使ってあげれるなら。笑

 

 

なぜならブリーチのようなカラー剤は脱色、もともとのある色をなくしてくれるから。

 

ですが逆を返せばそれだけ強いカラー剤じゃないとあかるくはならないってことです!

 

そのぶんやはり髪や頭皮に負担はかかり

ダメージや乾燥、

色抜けの速さの原因になったりします。

 

知っといてほしいのは

もともと、日本人は

黒髪ですがその黒髪は

【メラニン色素】とゆう黒の元からある粒のようなものが

髪の毛の中に沢山入っていてから

髪が黒にみえるのです。

海外のブロンドの方はその【メラニン色素】が

とても少ないがためあのような

綺麗な髪色になっているのです。

 

なので黒染めをしたからといって、

髪の毛が元通りの髪の毛に戻ることはないということ!




 

【メラニン色素】=【黒染め】ではありません!




 

あと最後になりましたが

もう1つ!

 

セルフでの黒染めは絶対やめてください!

ムラにも少しでもなってしまうと

次カラーするときにそのムラがでてきたり、、

あと、

明るくならない!とゆう場合もございます!

 

黒染めをしなくても

暗くすることは可能です。

暗髪なのであれば

次何事もなかったかのように

明るくすることも可能になってきます。

 

そこはぜひ担当の美容師さんに

ご相談してみて下さい。

後からのことをしっかりと考え

ベストな綺麗な髪を作れるようにしましょう!

 

少しでも参考になれば良かったです。

 

スタイリスト 四宮隆樹