もう試した?次に流行るかもしれない『○○ージュ』カラー

posted in: コラム, ヘアカラー | 0

 

ヘアカラー、トレンドに敏感な方はもうすでに試したかもしれない

透明感の出るヘアカラーと言えばグレージュ、ブルージュなどがあります。

昨年から『〇〇ージュ』というネーミングのヘアカラーが大流行していますよね。

 

 

よくわからないという方は先にコチラを読んでください。

グレージュカラーってどんなカラー??

 

 

そんなの知ってるよ!って方は読み進めて下さい。

 

簡単に言うと『〇〇ージュ』とはベージュ+〇〇 ということです。

 

そんな『〇〇ージュ』カラーに新たに流行の予感がしているのが

 

 

 

 

オリージュです。

 

 

初めて聞いた方も多いのではないですか?

 

察している方もいると思いますがオリージュとはオリーブベージュの略称です。

 

オリーブのようなグリーン系カラーとベージュを合わせることによって

1つでは出すことができない深みがプラスされます。

 

色味による印象 ・寒色系 【マット】 グリーンがかった色相のことです。

グリーンと聞くと奇抜なイメージがあるかもしれませんが大丈夫です。

 

ヘアカラーをしても、気づいたら色が抜けていって赤くなってしまう・・・ということはありませんか?

よく注文のあるアッシュ系カラーはブルーが入っているパープル系のカラーのことで

髪を染めると、すぐに黄色っぽくなってしまう人にはおすすめのカラーですが

日本人は、もともと髪にあるメラニン色素の影響で、赤っぽくなりやすくなってしまいます。

マットカラーは赤の反対色のグリーン系の色味で、赤味を抑えてくれるので

地毛の赤味や今までアッシュ系で納得のいかなかった方や大人っぽい雰囲気を出したい方にオススメです。

 

要するに、今までアッシュでは消すことが難しかった赤味を消してくれる

オリージュが日本人には合うということなんです!

 

 

 

ご来店頂いたお客様の仕上がりの写真です。

IMG_20160817_221414
夏に明るく染めていたが色が抜けきって

赤よりのオレンジになっていました。

今までアッシュ系ばかりでしたが

オレンジっぽさが少し残るのが悩みということで

暗めのオリージュで完全に赤味を打ち消しました。

 

 

 

こちらもご来店頂いたお客様です。

IMG_20160902_220542
 

秋になるけど暗くはしたくないし

いつもと同じはイヤ!とのことだったので

全体に細かいハイライトをいれて

オリージュカラーでグラデーションっぽく仕上げました。

 

 

明るめでも良し。暗めの髪色でも程よい透明感が実現するオリージュ。

オリーブの要素でグリーンの深みがあり、ベージュの柔らかく落ち着いた要素も兼ね備えています。

秋にもぴったりなオリージュのヘアカラーならどんなスタイルにもぴったりです。

 

この記事を読んだあなたは次のカラーは

オリージュに決まりですね!

 

 

※フロートでデザインカラーをされている方の参考価格です。
ベースカラー7000~8500円+デザインカラー3000円+シャンプーブロー1000円=11000円~12500円です。(税抜き)
最寄りの店舗で、デザインカラーを体験してください。

電話予約ネット予約
フロート梅田茶屋町店 

電話予約ネット予約
フロート天神橋6丁目店 

電話予約ネット予約
フロート東大阪小阪店