オーガニックカラー☆6種類のオーガニックハーブエキスを配合

 

オーガニックカラー

オーガニックカラーはこんな方におすすめ
・カラーのツンとした臭いが苦手
・白髪などカラーはしっかり染めたいけど頭皮の刺激が気になる
・カラー後の髪のパサつきが気になる…..etc

オーガニックカラー

オーガニックカラーをされる方が増えてきましたね。

オーガニックカラーって何?

フロートでカラー施術に使用している。

オーガニックカラーについて説明しますね。

オーガニック志向の方も多く、食事などでもよく聞くワードですよね?
そもそもオーガニックとは?

「化学農薬を使わない」「とにかく土づくり」といった生産方法にこだわる意見、あるいは「温暖化を食い止める」「自然の生き物を大切にする」というエコロジー的発想、はたまた「健康に良さそう」「付加価値がありそう」といったメリット重視型の声もありそうです。

国際的な規模で有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げています。

floatでのオーガニックカラーは
保湿・保護効果に優れた6種のハーブエキス、補修成分・保湿成分に加えて、5種類のオーガニックハーブエキスを配合。

髪にやさしく、天然由来の保湿成分がうるおい・つやめく美髪に導きます。

うるおいを保ち、艶めくクリアな色味、サロンカラーならではのきれいな髪色を表現できる発色の良さと、より長くヘアカラーを楽しんでいただける色持ちの良さを実現。

色味にこだわりのある幅広い世代のお客様一人ひとりに様々なカラーデザインをご提案できます。

カラーリングは印象を変えれるメニューのひとつです。

 

オーガニックカラーで出来る色味を紹介します。

ナチュラル:自然な栗色。落ち着いた印象を与えます。

アッシュ:灰色を帯びた、くすんだヘアカラー。可愛くもクールにもできる万能カラー。

バイオレット:紫がかった茶色で、艶感のある大人っぽい印象を与えます。
ベージュ:ミルクティーのような柔らかい色味。ふんわりして印象を与えます。
マット:緑がかったくすんだ茶色です。艶感のない鈍い色。個性的な印象を与えます。
レッド:赤みのある茶色。元気で活発な印象を与えます。
ピンク:ピンクがかった可愛い茶色。女性らしい、かわいらしい印象を与えます。

ただ、頭皮が敏感でカラーがしみる、臭いが嫌で苦手…

それで諦めていた方もいるのではないでしょうか?

オーガニックカラーは従来のカラー材よりもダメージが少なく、パーマとの同時施術やカラーチェンジも可能です。

 

オーガニックカラーには頭皮をやさしく守り、髪への保湿効果のあるオーガニックハーブエキスが入っています。

カラーに対してお悩みがある方はぜひオーガニックカラーお試し下さい。