スタイリング剤~ジェルの種類と使い方~

僕自身も使っているジェル!!

とても便利でキープ力もあり!

そんなジェルについていろいろとお伝えするコーナーです!

 

「ジェル スタイ...」の画像検索結果


朝のセットが上手に決まらないという方はスタイリング剤が自分にあっていない可能性があります。

ここではタイプ別に、自分のスタイルに合ったジェルタイプのスタイリング剤を紹介します。

ツヤツヤの見た目を重視したい人のジェル


水分が多く含まれているジェルタイプのスタイリング剤のポイントは、つけた見た目がウルウルときれいに見えること。

髪の毛のツヤ感を重視したい方はぜひジェルタイプの使用をおすすめします!

さらっとつけられる軽いタイプのジェル剤にしましょう!(ミディアム~ロング目安)

ツヤ感を重視したジェルウォーターを選ぶと、付け心地が軽くしなやかに仕上がります。

ショートヘアのスタイリングにおすすめのジェル


ジェルは同じスタイリング剤であるワックスと比べると、髪の毛の重さに負けてしまいがちなロングヘアとロングのパーマには不向きです。

その反面、毛量が少ないショートヘアの方にとってジェルはぴったりのスタイリング剤。

しかし、そうは言ってもパーマをかけている人にとってはキープ力も水分もほしいものでしょう。

そこでおすすめなのは、弾力性のあるフレックスポリマーが含まれたジェル。

軽い付け心地で、セットを持続させることができますし、髪の毛の広がりを抑える効果もあります。

メンズヘアにおすすめのジェル「ジェル スタイ...」の画像検索結果


ジェルと言えば想像するのがメンズ用のジェル。

女性用のジェルに比べるとセット力があり、みずみずしい付け心地を保ったまま、ガチッとセットした髪の毛をキープすることができます。

ただし、あまりハードに付け過ぎるといやらしい光沢感が出てくるので程よくキープしてツヤ感も欲しい方はワックスやグリースと混ぜて使うと

おすすめです!

流行のウェットヘアを作るのはやっぱりジェル(女性需要)


大注目のウェットヘアは、その名の通り髪の毛に濡れた質感を出したスタイル。

ロングヘアでもショートヘアでもチャレンジすることのできる髪型です。ただし、濡らせばいいと考えるのは大きな間違い。

ただのだらしのないヘアスタイルになってしまいます。

おすすめはミストよりもウォータージェル。

ニュアンスのあるウェットヘアを簡単に実現することができます。同じジェルのスタイリング剤でも、髪型によって合うものは異なりますので、自分のスタイルにあったものをお店で選んでみましょう。

ヘアスタイルの毛量やキープ力によって、適切なジェルスタイリング剤は異なります。

自分にあったスタイリング剤で、スタイルキープしてみてください!

補足と言ってはなんですが、ジェルは水溶性なのでワックスみたいに何回もシャンプーをする必要がない上にコスパにも優れています!

女性より男性の方が需要はあるかと思いますが女性の方も一度使ってみてはいかがでしょうか??「シャワー」の画像検索結果

 

【公式】美容室float(フロート) | トータルビューティーサロン