ダブルカラーってどうやるの?方法を教えます。

posted in: コラム, ヘア | 0

聞きたくてもなかなか聞けない!?

ダブルカラーってどうやるの??

 

そもそもダブルカラーとは?

こちらで一度おさらい

「ダブルカラー」または「ダブルプロセスカラー」とは、髪を二段階のステップを踏むカラーリング方法です。

最初にブリーチで髪の色素を抜いた後に最終的に目指す色味を入れていきます。

ダブルプロセスは地毛に比べてかなり明るい色にカラーリングする時に使われる方法で、黒く赤味も含んだ日本人の髪の毛でも、外国人風の明るく透明感のある色に仕上げることが出来ます。

グラデーションカラーにしたい髪の毛先だけや、表面に入れるハイライトだけをダブルプロセスで明るくする使い方もできます。

脱色が必要なダブルカラーは、普通のヘアカラーに比べて髪への負担が大きく、痛んで切れ毛や枝毛になりやすいので、トリートメント等で十分にケアする必要があります。


ふむふむ…

1度脱色してから希望の色を入れる…

文字だけではイメージつきにくいですよね?


そこで百聞は一見にしかず実際に順をおって説明していきます。

 

まずベースの色はこちら

IMG_1087


そしてまず色を抜くためにブリーチを塗布

IMG_1088

お客様の希望の色が入るところまで抜きます。ここで約10分から25分放置

ブリーチ一回で可能な抜け具合は限界があるので最終希望色がホワイトまたは薄いカラーご希望の方はさらにもう一度ブリーチ

この場合一度薬を流してからもう一度ブリーチ塗布同じく約10分から25分放置

IMG_1093

そして一度シャンプー

ブリーチは薬が強力な分頭皮などに刺激を感じる方もいらっしゃるので少し温めのお湯で流します。

一般的にはこのあと希望色を塗布して放置

シャンプーという流れですが


floatではカラーが綺麗に仕上がるようにもう一手間かけます。

ブリーチで抜くの黄色によるので少しでも黄色を消す作業をします。

これがトナーOn

IMG_1095

黄色の補色のバイオレットや

彩度を落とすモノトーン系をシャンプー台で塗布約3分から5分


IMG_1091


 

このあと希望色を塗布し

IMG_1099

さらに10分から25

そして仕上がりはこちら

IMG_1102


ほかにもダブルカラーを何例か

IMG_0501IMG_0809

IMG_0514


こちらの3スタイルだと髪質にもよりますがブリーチ2~4回は必要です。


IMG_0897

応用にグラデーションカラーだと

こんな感じに仕上がります


以上

如何でしょうか?ダブルカラーの工程ご理解いただけましたか?

是非デザインカラーを楽しむために参考にしてみて下さい!

 

 

※フロートでデザインカラーをされている方の参考価格です。
ベースカラー7000~8500円+デザインカラー3000円+シャンプーブロー1000円=11000円~12500円です。(税抜き)
最寄りの店舗で、デザインカラーを体験してください。

電話予約ネット予約
フロート梅田茶屋町店 

電話予約ネット予約
フロート天神橋6丁目店 

電話予約ネット予約
フロート東大阪小阪店