ピンクヘアカラーの種類

 

ピンクのヘアカラーの中でも種類があります。

 

ちょっとした違いですが、

ピンク好きの方ならこだわりをわかっていただけると思い、

ご紹介させていただきます!

 

【ピンクベージュ】

2172B6D1-64FA-4C63-A2B2-8D9EDCA4F43D

 

 

ベージュのヘアカラーはトレンド関係なくずっと流行しているヘアカラーですね。

そこにピンクを足すことによって可愛らしさや女性らしさが演出できます。

 

ピンクベージュとはその名の通り

ピンクとベージュを掛け合わせた色ですが、

日本人の肌色と似ているベージュは、自然な染め上がりで柔らかな印象になります。

そのため「ピンクにするのはちょっと勇気がいるな…」という方にはピンクの主張を和らげてくれるベージュを強めにいれたりします!

また、メイクでピンクの色みを足してあげたり、コテで少しカールをいれることによっていつもと違う雰囲気がだせます!

 

いつもピンクベージュしてる方も、

「ブリーチ有り・明るめトーン」にすると

よりトレンドを抑えたイマドキヘアになりますし、いつもとは一味違うヘアカラーを楽しめます。

 

【ピンクラベンダー】

335A6A68-5976-4392-B67C-8B9E04E77A23

 

暗めですが色味を出したい方におすすめなのが*ラベンダーピンク*です。

ブリーチなしでもできそうだと思われがちですが、暗めトーンでありながら室内にいても、しっかりとした発色をキープしてくれるのはブリーチをしてこその発色です。

 

ブリーチなしでも発色はしてくれますが、やはりブリーチしたベースよりか発色は弱いです。

 

落ち着きすぎているな…と感じる方には、ハイライトを入れたりインナーカラーを入れたりデザインをいれることによって更にカラーを楽しめます。

 

【チェリーピンク】

 

F85091F2-C529-458C-A8E8-C604E086BF71

 

チェリーピンクは赤とピンクが混ざったカラーです。

赤だけだと赤味が強いと感じる方には、ピンクと赤を混ぜてあげると柔らかい印象になります。

チェリーピンクは、色落ちしてもかわいいのが嬉しいポイント。
ブリーチの回数や髪質などにもよりますが、ベースの髪色が明るい方の場合、より発色してくれますし、

暗めと明るめではかなり印象の違いもでますよ!

 

 

*最後に、、、*

 

個人的に好きなピンクカラーを種類をピックアップしましたが、髪の毛のベースによって同じピンクでも発色が変わってきます。

どのピンクヘアカラーにしたいか、ブリーチは必要なのか、しっかりカウンセリングしてお客様のなりたいピンクヘアカラーに近づけて行きたいと思います。

 

EE4DA9A1-385A-429F-B96A-AD0484DF14DC

いつもと違うヘアスタイル、

イメージチェンジ、

これを機にしてみませんか???

ふだん巻き髪をされる方は

少しデザインを入れることによって

可愛さが増すので、

かなりおすすめです!!!