集中ケアトリートメントで冬の乾燥対策

posted in: コラム, ヘア, ヘアケア | 0

 

みなさん、こんにちわ!

12月も半ばに差し掛かり忙しくなってきましたね!

 

fuyu_001
 

空気もより一層乾燥してきて静電気で髪のダメージを感じている人も

多いのではないでしょうか?

 

いまだからこそ基本的なトリートメントの必要性と効果的な付け方を

今一度見直しましょう!

 

まずこの時期にお客様から一番多く頂く声が

 

『髪がパサついてボサボサになってきた』

 

『静電気で髪がまとまらない』

 

この二つが圧倒的に多いです!

 

どちらも原因は乾燥による髪の水分不足が原因です

 

日常生活の中で何もしなくても髪の毛から水分は飛んでいってしまいます

だからこそ毎日お風呂に入ったときのトリートメントと

乾かす前の洗い流さないトリートメントが重要になってきますし

 

おでかけ前にクリームをつけてあげたりすることが大変重要になってきます

 

つまり髪の毛を保湿して水分が逃げていかない状況を

作ってあげることが必要ということですね

 

 

〇まず大事なのはお風呂の中でのトリートメントです

 

シャンプーをしっかり流した後に毛先を中心にしっかりなじませていきます。

このとき乾いてきてなじませにくいなと感じたら

お湯をかけてしっかり髪の毛一本一本までトリートメントで包み込むイメージが

大切です。

 

しかし量をたくさんつければいいというものでもなく

コーム(櫛)などを使ってとかしながら引っ張らないように

優しく馴染ませてあげてください

 

しっかり流してお風呂を出た後も重要になってきます

 

 

〇なるべく早く洗い流さないトリートメントをつけて乾かしましょう

 

濡れてる髪の毛は豊潤(水分を吸って膨らんだ状態)

なのでキューティクルが開き柔らかく

なっています

 

なのでせっかく髪の中にいれた水分と

栄養分が抜け出しやすくなってるのと同時に

色素も髪の毛から逃げやすくなってます

 

これではせっかくしたトリートメントが

台無しですね

そうならないためにもなるべく早く

乾かしましょう

 

髪が長い人がやってしまいがちなのは

表面は乾かしたけど実は中が乾いてかい

半乾き状態です

 

これは上記したようにダメージにも繋がりますが

雑菌が繁殖しやすく痒みや嫌な臭いの

もとになってきます

 

だからそこ完全に乾かしたいのですが

冬の時期はドライヤーの風すらも

乾燥の元になってきます

 

そんなときに大切になってくるのが

〇洗い流さないトリートメント、それもクリームタイプをつけましょう

 

もちろん種類にもよりますが

オイルタイプのものより遥かに

保湿力がしっかりしてます。

 

これでばっちりです!

 

ここまでしてもまだ乾燥するときは

僕たち美容師に一度お任せ頂いて

サロンでしかできないトリートメントで

髪の毛を修復していきましょう

 

 

スタイリスト寺尾優一