夏のダメージを髪に残さない!

posted in: コラム, ヘア | 0

夏のダメージを髪に残さない!

紫外線や、冷房によるダメージは大きい(゚o゚;;

夏の紫外線の季節。実はこの紫外線が思っているより肌や髪にダメージを与えています。
肌のシミやシワの約80パーセントが紫外線によるといわれています。

 

image
 

 

紫外線を浴び続けていると、身体の方が防衛反応としてメラニン色素をたくさんつくる(これで肌が黒くなる)。

普通は、表皮の角化にともなってメラニン色素が抜け落ちるが、日焼けがひどいと表皮が壊れてメラニン色素が真皮に落ちこみ、色素沈着を起こす。
これがシミの原因になります。

また、冷房の効いた部屋のような乾燥した環境にいると、水分不足により、肌や髪を傷める。

肌や髪を生き返らせるには?

肌も髪も次々と新しく再生産されています。いきいきとした肌や髪に戻るには次の2つのことを実行しましょう!
1つ目は、、、
バランスの良い食事を摂りましょう。

新しい肌や髪を再生産するためには、エネルギーが必要となる。このエネルギーの三大栄養素と言われるのがたんぱく質、炭水化物、脂肪。さらに補助栄養素として無機質、ビタミン、食物繊維がある。
これらをバランスよく摂取することが肌や髪にいい影響を与える。

とくに、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCは皮膚と粘膜のビタミンとも言われ、抗酸化作用がある。また、ビタミンA、ビタミンEには皮膚の角化を正常にするはたらきがあるのだ。
さらに、ミネラルでは亜鉛が髪や肌の傷みを治すはたらきをする。
2つ目は、、、
水分をたくさん与える。

肌も髪も傷んでいる時は水分不足であることが多い。肌なら、まず化粧水などで水分をたっぷりと与えよう。ただ、これだけでは一時的な効果しか得られないので、乳液などの油分で肌にバリアを作り、水分の蒸発を防ぐこと。
髪も肌と同様に水分を補給してあげることが大切だ。髪にはリンスとトリートメントがあるが、傷んでいる時は髪の表面をコートするリンスより、髪の内部に栄養分を補給するトリートメントが効果的。トリートメントしたら蒸しタオルで頭を覆い、3~4分後によく洗い流しましょう。

 

image 他にヘアケアで大切なことは基本的にはシャンプーです。

太陽にさらされて、お疲れ気味の夏の髪。
そこで、夏の終わりに是非見直したいのが正しいシャンプー。
シャンプーはヘアケアの基本中の基本なのだ。
また髪の傷みが激しいときには、髪の表面をコートするリンスより、内部に浸透して栄養分を補給するトリートメントが効果的。
最初はシャンプーの度ごとに、改善されてきたら週に2~3回使い、ほかの日はリンスを。
男性も、髪を大事にしたければ、リンスやトリートメントは必要だ。
シャンプーの後、髪が濡れたままで寝てしまうと、傷みやイヤなニオイの原因になるので、8割くらい自然乾燥して、あとはドライヤーで一気に乾かしておこう。

正しいシャンプーとトリートメント☆

1. シャワーのお湯で髪全体をよくすすいで汚れを落とす。この前段階が意外に大切。

2. シャンプーは直接頭につけず、手のひらでよく泡立ててから髪にのせる。

3. 爪を立てて洗うのはタブー。指の腹を使い、マッサージするように全体を洗う。

4. 頭頂部から生え際に向かって、ジグザグに指を動かして洗う。

5. シャンプーのすすぎ残しは髪や頭皮を傷める原因に。念入りにすすぐこと。

6. 水気を切った髪全体にトリートメントをのばす。特に毛先にはたっぷりと。

7. トリートメントの浸透を高めるために、熱いタオルで頭をきちんと包み、3~4分。

8. すすいでも栄養分は逃げないので、きちんと洗い流しておこう。

9. タオルで髪をたたいて水気を取り、自然乾燥。ドライヤー。

これだけでOKです!!

 

image
 

 

どのシャンプーが自分に合ってるかわからない。
などのお悩みがありましたら
ぜひ、floatスタッフへご相談ください。