外国人風カラーってよく聞くけど、どんなカラー??

ここ最近雑誌、SNSで10〜20代女性中心に圧倒的な人気を誇る『外国人風カラー』について

僕なりにまとめておきたいと思います。

w621_GettyImages-518910114

僕自身美容師をしていてここ最近、外国人風カラーのオーダー率はかなり高いと感じていて

『外国人っぽい感じにしたい』と漠然としたオーダーが頻発しております、、、

『どんな感じ??』「色味は??」「明るさは??」など質問攻めになってしまうので

予めどんなイメージか固めておくとスムーズに施術に入れますよ!

【まず外国人風カラーとは?】

外国人風カラーとは名前の通り、外国人のような色味の髪を作るカラーのことです。
日本人の髪の毛は黒色です。どかというと赤みを強く帯びた茶色。

外国人風カラーはふんわりとした抜け感や動きなどを得られるカラーなのですが

外国人のようなくすみ感や透明感が出にくくどちらかというと赤みが強い日本人の方はとても表現しにくいヘアカラー。

◎僕の考える外国人風カラーとは

・日本人特有の赤みが感じられない

・透明感がある

・アッシュ系グレー系カラーでくすんでいる

・根元から毛先にかけてナチュラルなグラデーション

・巻いた時に動きが出やすい

といったところでしょうか。

特に『日本人特有の赤みが感じられない』の部分がかなり重要なポイントになってくると感じています。

赤みが残ってしまうと理想的な外国人風カラーにはならないんです。

逆に、赤みを消す事が出来れば外国人風カラーになれるんですよ!

どんな色味にするか迷ってる方はとりあえず『赤みを消したい』とお伝え下さい。

そして、みんなが気にしている

●ブリーチいる、いらない問題

上にも書きましたが赤みさえ無くなればブリーチは必要ありません。

判断基準は

・髪の毛に赤みがどれくらい存在しているか
・仕上がりの明るさはどれくらいか

◎ブリーチが必要なパターン
・明るく仕上げたい方
・黒染めしてる方
・毛先を白くしたい方
・ハイトーンのグラデーションカラーにしたい方

◎ブリーチが必要ないパターン

・もともと明るい
・繰り返しアッシュにしている
・髪の毛に赤味が少ない
・暗めに染めたい

メリット

透明感あるカラーが可能

できる色の幅が広がる

完成度が上がる

デメリット

ハイダメージになる

色落ちが早い

パーマ、縮毛矯正ができなくなる

などが考えられるので担当スタイリストとしっかりと相談してから決めましょうね!

では、最後に実際のお客様のヘアスタイルを撮らせて頂いたものを一部ご紹介したいと思います。

美容室でのオーダーする際の参考までに見ていただければと思います。

【ハイライトカラー編】

〈シルバーアッシュ〉

IMG_3697

〈アッシュグレー〉

IMG_3702

【グラデーションカラー編】

〈ラベンダーアッシュ〉

IMG_3689

〈グレージュ〉

IMG_2033

〈アッシュベージュ〉

IMG_3582

【ハイライトグラデーションカラー編】

〈シルバーベージュ〉

IMG_2896

〈プラチナアッシュ〉

IMG_1909

いかがでしたか??

外国人風カラーについてご理解頂けましたか??

全ての写真の共通点は『赤みがない』ですよ!

上のデザイン、色味、明るさ以外にも色々なデザインを楽しんでもらうことができます。

「外国人風カラー」といっても無数に存在するしますので

あなたのなりたいを是非ご相談下さい。

今まで外国人風カラーで上手くいかなかった方必ず可愛く仕上げますのでfloat天神橋店のカメダまで!!

亀田貴明