外国人風カラーの作り方☆

外国人風カラーに必要なWカラーとは?

ダブルカラーは、「メラニン色素を脱色した後、色味を入れる」という

2段階のプロセスでカラーリングする方法のことで、

簡単に説明すると「ブリーチした後にもう一度カラーリングする」事です。

髪の毛にある「メラニン色素」をキレイにブリーチした後、

お好みのカラーを入れる事によってより明るく、普通のヘアカラーには出せないハイトーンの明るさや

イメージに近い髪色を実現することができます。

黒染めをされていた方の、こちらがブリーチ後です。

かなり明るくなりましたね!

外国人風カラー

そして、こちらがそのあとにカラーで

色を入れた写真です。

ミルクティーベージュカラー☆

外国人風カラー

明度の高い、透明感のある色になりました(^^)

オレンジっぽさもなくなりましたね!

ブリーチ+カラーの2段階のプロセスが必要な為、

髪への負担は少なくありませんが

外国人のような明るく透明感のある色に

仕上げることができるのです。

☆pearlgray

外国人風カラー

☆blond

外国人風カラー

☆platinum

外国人風カラー

例えば、、、

一枚の真っ黒な画用紙に色ペンで絵を描きます。

もう一枚、真っ白な画用紙に色ペンで絵を描きます。

同じように絵を描いても、

鮮明な色の絵になるのはどちらの紙でしょうか??

 

ここで重要なのは、‘‘色の綺麗さ‘‘です。

 

それなら真っ白な画用紙の方ですよね♪

 

髪の毛を真っ白にまですると

過度のダメージを伴いますが、

真っ黒や暗い色の髪の毛よりも

金髪や明るい髪の毛の方が色が綺麗に入り、

見えることは想像できるでしょうか?☆

 

こんな風に、色にこだわりたい方や

彩度の高い色や淡い色にされたい方には、

髪の色をまずはブリーチで脱色して

色が綺麗に見える状態にしてあげることが

必要になります。

 

( 一度黒染めをしてしまっている場合も、

ヘアカラーよりもダブルカラーの方が

キレイな色味を出すことができます。)

☆orange 

外国人風カラー

☆purple

外国人風カラー

☆pink

外国人風カラー

メラニン色素を抜いて色味を入れるという考えは

ヘアカラーにも近いものがありますが、

一般的なヘアカラーではダブルカラーのような

明るい髪色を出すことはできません。

 

ダブルカラーの最大のメリットは、

【髪の明るさを調整する、土台を作る】

工程と、

【髪に色を付ける】

工程とを別々に行う事で、

普通のヘアカラーよりも

【幅広い範囲の色をキレイに出す】

事ができる点です。

 

 

カラーリングで失敗したくない方や、

外人のような透明感のある明るい髪色になりたい方はぜひ挑戦してみてくださいね♪

 

floatのスタッフ達も、色んなダブルカラーなんです(^^)

外国人風カラー

外国人風カラー

《注意!!》

※ブリーチは金髪にすることはできますが染料を使っているのではなく、あくまで「脱色」しているのでカラーリングやダブルカラーとは異なります。

※地毛の色を明るくした後、髪の毛を束を線状に取り分けて色を入れていく方法や、ブリーチは使わずに1度色を入れた後に別の違う色をのせる手法もダブルカラーに含まれます。

※ブリーチとダブルカラーは脱色するので、カラーリングよりも髪へのダメージが大きくなってしまいます。髪へのダメージが蓄積している方、パーマなどを定期的にかけている方、パーマの後などにダブルカラーを行うと、色落ちやウェーブが取れてしまうという可能性もあるので担当者とよく相談しましょう!

※フロートでデザインカラーをされている方の参考価格です。
ベースカラー7000~8500円+デザインカラー3000円+シャンプーブロー1000円=11000円~12500円です。(税抜き)
最寄りの店舗で、デザインカラーを体験してください。

電話予約ネット予約
フロート梅田茶屋町店 

電話予約ネット予約
フロート天神橋6丁目店 

電話予約ネット予約
フロート東大阪小阪店