髪を乾かさずに寝ると雑菌の繁殖で髪が臭くなる!?

寝る前に髪を乾かす重要性に気づいていますか?

タオルドライ

濡れた髪を乾かさないと、どうなるの?
乾かさないことで、どんな影響があるの?意外と知らない方が多いです。

 

では、髪にとって一番弱い時間というのはいつでしょうか?
それは
濡れているときです。


つまり
お風呂で髪を洗ったとき
雨で濡れたときと、髪が濡れているときが
一番傷つきやすく弱いのです。

 

お風呂上りに髪を乾かすのがめんどくさい・・・


その作業をおろそかにした時のデメリットをご紹介します。


00931

 

まず


『薄毛』


濡れた髪を乾かさずにいると
薄毛になる事が予測できます。


髪を乾かさないで寝ると頭皮が冷えてしまい血行が悪くなるので、


髪に栄養が行き届かず頭皮の環境が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因になるのです。


男性、女性に関係なく起こることなので薄毛は男性だけの悩みというわけではありません。


 

そして


『髪のダメージ』


女性の方なら一番気になるかと思います。


乾かさない髪の毛は、傷みやすいです。


いくら外側からトリートメントでケアしても、


正しく乾かさないとせっかく頑張っているヘアケアの
意味がなくなってしまいます。


 

濡れた髪は、表面のキューティクルがはがれやすい状態になっていて


そのままで寝ると、枕などとの間に摩擦が生じてキューティクルが傷ついてしまいます。


キューティクルが傷つくと髪は乾燥してパサつきやすくなります。


 

いくらキレイな髪色にしても、潤いのあるパーマをあててもパサついて傷んで見えたら意味がないですよね。


 

最後に


『臭い』


綺麗に洗った髪の毛。
でも濡れたまま乾かさないでいると・・・。


濡れた髪に密閉された頭皮には大量の雑菌が湧き、頭にカビ菌が……もし、頭皮が臭く感じたら、


それは雑菌が繁殖した証拠です。


 

これも男性、女性に関係なくの問題です。


どう考えてもいやですよね。


 

まとめると


お風呂上りにかかわらず、濡れた髪を乾かさないと


髪は傷み、薄くなり、嫌な臭いがする。


カラーの色味はキレイに見えず、パーマはパサパサになるという事になります。


ここまでの説明でちゃんと乾かそう!と思って頂いた方に、正しいドライの方法をご案内します。


 

image


まず手で絞れるだけ水分をとります。


ここをあまくすると後のタオルドライの効果も少なくなってきます。


 

image


次にタオルでしっかり地肌を拭いてあげ、そのあと毛先までしっかり水分をとってください。


 

image


そのあとに乾かす前のトリートメントを髪になじませてください。


 

image


これはかなり重要でドライヤーの熱から髪を守り、手ざわりを良くしてくれます。


 

image


そしてドライヤーです。


最初は髪の根元を乾かすようにします。


髪の中に指を通して、髪を動かして、ドライヤーの風が全体に行き渡るように乾かします。


この時生えグセを治すため下を向き髪の根本を少し引っ張り、後ろからドライヤーの風を当ててあげるのもおすすめです。


 

image


半乾きの状態になったら、毛先を乾かします。


このときドライヤーを頭から10センチ以上は離してください。


 

image


この方法で乾かせばキレイに素早く乾かす事が出来ます。


是非お試しください。