秋枯れ肌

徐々に涼しくなり、夏の間に海、川、BBQ、プールなどで受けた紫外線ダメージがお肌に出てくる時期ですね。

お肌のくすみやごわつきが気になって…と言うお客様が増えています。
お肌の色が一番暗くなるのは夏本番の7、8月ではなく9月からだそうです。

IMG_2736

そして、湿度の低下とともに乾燥も出てくるという過酷な状況になります。
このような状態を『秋枯れ肌』といいます。
そこで今回は、秋枯れ肌を防ぐスキンケアのポイントをご紹介します。

まず、秋枯れ肌とはどのような状態か
・シミが増える、できやすくなる
・肌のカサつき、乾燥シワ
・くすみ、ゴワつき

などがよく見られる症状ですね。

□ シミが増える、できやすくなる
夏の強い紫外線ダメージが肌に蓄積され肌の中ではメラニンの生成が進みシミになりやすくなります。
夏の間の紫外線対策次第で、秋の疲れた肌にシミができやすくなります。

□ 肌のカサつき、乾燥シワ
9月から気温も下がり、空気も乾燥しやすくなってきます。夏の強い紫外線によってダメージを受けた肌は、水分を保持する力が弱まっているため、他の季節に比べてカサつきやすくなります。
普段、乾燥肌でなくてもこの時期に乾燥してお肌の調子が悪くなるという場合も秋枯れ肌ではよく見られる症状です。

また、紫外線による影響はシミだけでなく乾燥やシワに対しても大きく、肌のコラーゲンやエラスチンにもダメージを与えて、乾燥シワだけでなく、深いシワとなってしまう場合があります。

□ くすみ、ゴワつき
上の二つの肌トラブルよりも先に感じやすいのが、肌のくすみとゴワつきです。
これは肌の乾燥などの影響によりターンオーバーが乱れてしまい、古くなった角質が剥がれ落ちずに残ってしまうことで、メラニン色素が溜まった角質によって肌の印象が暗くなる、そして古い角質はミイラのような状態ですので、肌の触り心地がザラザラとしたりゴワつきを感じやすくなります。

IMG_2738

では秋枯れ肌にはどのようなスキンケアが

効果的なのでしょうか??

いつの季節もスキンケアのお話になると必ずと言っていいほど

耳にする『保湿』です。

とにかく保湿が大事なんです!

お風呂から上がってテレビを見て

スマホを触って時間が経ってたから

スキンケアする方もいらっしゃるのではないでしょうか??

洗顔後はすぐに化粧水等で水分補給してあげて下さいね。

※保湿する時の注意

洗顔後の肌は潤いが不足しますので、化粧水などでしっかりと水分や保湿成分を補給しましょう。

コットンや手でパッティングしてしまうと肌表面へ無数の細かい傷がつき

バリア機能が低下してしまい

お肌の内側の水分がどんどん蒸発してしまいます。

コットンや手でなじませる場合は、肌にやさしく、じんわりなじませるようにしましょう。

保湿パックをしてあげるとより効果的ですね。

IMG_2737

いかがでしたから?

みなさん涼しくなるこれからの時期がスキンケアに力を入れる時ですよ! 秋枯れ肌にならないようにしっかりとお手入れして綺麗な肌を保ちましょう。