美容室帰りのシャンプーについて

 

こんにちわ!float天六店の寺尾です

 

今日は美容室に行った多くのお客様が疑問に思う事に

お答えしようと思います。

 

『カラーやパーマをした日は帰ったあとシャンプーをしてもいいのか!?』


hair_shampoo_woman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様と携わらせて頂いてるなかでもかなり多く頂く質問ですね

お仕上げでキレイに巻いて仕上げると僕たちもワックスやスプレーで

しっかりと固めてお帰り頂きたく思います。

 

でもほんとは固めてほしいんだけど

今日はカラーしたしシャンプーできないから

ワックスやスプレーは遠慮した

 

なんてお話もたまに聞きます。

 

お答えから申すと

シャンプーはしても問題ありません!

 

ただしいくつか気を付けて頂くポイントがあります

 

 

・熱湯では髪を流さないこと


カラーやパーマをしたすぐの髪の毛は

表面のうろこ状のキューティクルが

完全に閉じた状態ではありません。

それに加えて髪の中でキレイに発色した色素は

まだ完全に定着しているわけではありません。

 

つまり熱湯が加わるとよりキューティクルが急激に

開いてしまいそこから定着しきっていない色素が

抜けていってしまいます。

 

せっかくキレイなアッシュに染まったのに

お風呂に入ったら色がぬけて金髪や茶髪になっちゃったってことの

理由にはこのパターンが多いです

 

 

・洗い流さないトリートメントをつけない


美容室でカラーやパーマをしてトリートメントもしてもらって

ツヤツヤで理想通りのヘアスタイルになりました。

 

最高ですよね!でも少なからずダメージは必ずあります。

それは髪の毛に化学的な負担をかけてるので当然のことです。

そしてこのダメージを受けた髪の毛は元に戻ることはありません。

 

なので何かしらの形で守ってあげなくてはいけません。

お風呂のなかでトリートメントをしてあげることは

すごく大事なんですがお風呂をでてからの洗い流さないトリートメントが

色抜けやパーマの持ちに大きく関わってきます。

 

ドライヤーの温風や外出時の紫外線が髪の毛に与えるダメージは

お客様の想像以上に深刻なものがあります。

 

ですので季節や髪の毛の状態にあわせて

オイル状のものなのかクリーム状のものなのか

しっかり使い分けてあげる必要があります。

 

もちろんおすすめのトリートメントは僕たち

美容師に聞いてください

 

 

・しっかり乾かすこと


これが一番重要かもしれません。

美容師がカラーしたその日はシャンプーしないでくださいね

っていう理由の多くがこれを危惧してるかと思います。

 

髪の毛は濡れると膨潤しキューティクルが少し開いてしまいます

カラーのお薬が抜けてしまう状態にあるってことですね

 

この状態でもし乾かさずに寝てしまったら、、、

枕とこすりつけられてキューティクルはボロボロになり

そのスキマから色素が抜けていってしまうんですね。

 

想像しただけでも怖い状況ですね

しっかり乾かしましょう。

 

まとめると

頭が気持ち悪いならお風呂にはいって

シャンプーしても大丈夫です!

ただしぬるま湯で優しく洗ってあげて

洗い流さないトリートメントをつけて

必ず乾かしましょう!

 

乾かす方法などもたくさんあるので

ぜひ聞きにきてくださいね!