美容師にはどうすればなれる?

こんにちは!float 小阪店 スタイリスト 村上キラリです。

今回は美容師になるには、どのようなことをすれば良いのか書きたいと思います。

みなさんは美容師にどのようなイメージをお持ちでしょうか??

 

IMG_1132

美容師は華やかで、いつも美容に気を使っていて時代の最先端にいておしゃれなイメージがあるのではないでしょうか?

そんな美容師に憧れる人も多いのではないでしょうか?

私は美容師を5年していますが、
毎日楽しく、お客様の笑顔やキレイをサポートできることをとても幸せに思っています!

 

では、美容師になる為にはどのようなことをすれば良いのか知っていますか?

難しく聞こえるかもしれませんが、美容師国家試験に合格して、厚生労働大臣が発行する美容師免許を取得しなければ、美容師として美容の仕事をすることはできません。

美容師免許を取得する為には
美容学校を卒業し、美容師国家試験合格することが必要になります。IMG_1131


 

シャンプーだけ、カラーリング、パーマでも免許を持っていなければ行うことはできません。

その美容専門学校には、昼間課程、夜間課程、通信課程と三種類の学校があります。昼間課程2年、夜間課程2年、通信課程3年以上です。

美容学校に中卒で入学したい、という質問をよくみかけます。しかし、基本的には高卒以上の条件がある学校がはとんどです。
まれに、中卒でも入学可能な学校もありますが、数は非常に少ないです。

 

美容師免許を取得し、たくさんあるサロンの中から就職するサロンを選び、就職が決まればあとはそのサロンの技術や接客を学びます。

美容師という職業はハードで、忍耐のいることや乗り越えなければならないこともたくさんあります。

私は、カットができるようになる、スタイリストになるまでは毎日のようにレッスンをしました。
カットが初めはとても苦手でした。でも教えてくれる先輩方が居たのと、わからないところをわかるまで学びたいという根性も必要です。(笑)
スタイリストになるまでは下積み時代が長いですが、

アシスタントの時にしか味わえない達成感ややりがいも沢山あります。

美容室に来るお客様はそれぞれに違う好みを持っていて、それぞれの好みに合わせた技術を使い分けられる感性やセンスも必要です。

美容師は「お客様を笑顔にしたい。」「キレイにしたい。」「オシャレが好き。」という人がほとんどです。

感性やセンスは営業中などで磨かれていくものです。

こんなに夢に満ち溢れている職業はないと思っています。

自分の可能性を最大限に活かせる美容師にあなたも、なってみませんか??