3Dカラーってどんなカラー?



”外国人風カラー”、”グラデーションカラー”と並んで、耳にすることの増えた”3Dカラー”。


その3Dカラーってどんなカラーか、ご存知ですか?

3D=3次元

平面的ではなく、立体的。飛び出して見えたり奥行きが感じられたり、平面より動きや存在感があることがイメージできるのではないでしょうか?光と影(明るい部分と暗い部分)を作ることで立体感を作る。それを、ヘアスタイルにも取り入れるのです。ハイライトやローライトがその役目をしてくれます。髪の毛全体の明るさより明るい部分を、ハイライト。髪の毛全体の明るさより暗い部分を、ローライト。と、呼びます。

ハイライトは軽さや透明感をだしてくれますし、ハイライトを入れることによって全体が少し明るく華やかに見えるので、


明るめのカラーをしたいけどダメージが気になる方や、全体を明るいカラーにするのは抵抗があるけど軽く見せたい方にもおススメです。


ローライトは深みや奥行きをだしてくれ、影を作ることで引き締めてもくれるのでお顔回りに入れると小顔効果も与えてくれます。


細かいローライトを根元から入れるとリタッチが伸びてきても気になりにくい、そんな効果もあります。


そんなハイライトやローライトをMIXして3Dカラーと呼びます。


image全体一色のカラーより、動きや立体感、メリハリをカラーだけで演出できる。そんな3Dカラーだから、実はスタイリングが苦手な方にも是非お試し頂きたいカラーです。ラフにゆるく巻いても、パッと一つにくくっても、トリートメントやワックスをクシュッと揉みこむだけでも。なんだかこなれたお洒落感が簡単にだせるんです。image好きな系統や色ってだいたい決まってきちゃうから、いつも同じような繰り返しだなーなんて思ってる変化が欲しい方には是非、まずは3Dカラーを体験して頂きたいです♪3Dカラーといっても、入れる位置やその太さや量で仕上がるスタイルは様々です。ショートにもボブにもロングにもそれぞれに似合いますし、明るめの髪にも暗めの髪にも、ベースの髪の毛に合わせて組み替えることができます。カジュアルモード+外国人風シアーモーブimageimageimageしかもアレンジした時筋になって見えるからボコボコの凹凸が出来たり、髪の毛に変化がつくからすっごく可愛い!!セピアカラーで抜け感こなれロングimage流行りのグレージュやアッシュ系の外国人風カラーやグラデーションカラーとも相性バッチリなので、組み合わせてあげると周りと差をつける、より素敵なヘアカラーに仕上がりますよ。imageimageimageスタイリストと相談して、あなただけの似合わせ3Dカラーを見つけてお洒落を楽しんでください♪※フロートでデザインカラーをされている方の参考価格です。 ベースカラー7000~8500円+デザインカラー3000円+シャンプーブロー1000円=11000円~12500円です。(税抜き) 最寄りの店舗で、デザインカラーを体験してください。デザインカラー予約




hair_umeda


float 梅田店


umeda_tel


a1_1_09




hair_tenjinbashi


float 天神橋店


tenroku_tel


a1_1_09




a1_1_05


float 小阪店


kosaka_tel


a1_1_09