4位.髪の毛が引っかかる

髪の毛が引っかかる事は、特に髪の長い方にとっては身近なものでしょう。

髪の毛が引っかかる原因はいったい何でしょうか?

【原因】

内部要因

年齢とともに女性の髪は軟化し、細くなる傾向があります。女性ホルモンが減るのが原因なので仕方ない面はありますが、パーマもカラーもしていなくて髪の引っかかりやダメージが気になるようならシャンプーの選び方や量、使い方を変えていく必要がありそうです。

外部要因

カラーやパーマによるケミカルダメージでキューティクルが痛み、髪が引っかかりやすくなります。最近はオーガニック成分配合の髪染めを行う美容院も増えているため、もし髪を染めたい場合はそのようなものを選ぶのも一つの選択です。

髪が濡れているときに、目の細かいブラシ(クシ)を使用してブラッシングも要注意です。

髪が濡れている状態は非常にデリケートで、ウロコ状に並んだキューティクルが剥がれてしまうと、中からタンパク質や水分が抜けてしまい、髪のダメージを進めてしまいます。

どうしてもブラッシングが必要な場合は、目の大きなブラシ(クシ)で数回だけ行いましょう。

紫外線

内側に潤いを留めておく蓋の役割をしてくれている、キューティクルが損傷して潤いが奪われていくのが原因ですね。

【解決方法】

引っかかる毛は切らないといけない!?

もちろんカットをするのも一つの手段ですね。

でも、切らずに伸ばしたい方の方がほとんどではないでしょうか?

そんな方のオススメなのが、『洗い流さないトリートメント』

もちろんお風呂や、美容室でするトリートメントもお勧めですが、洗い流さないトリートメントだけでも、髪の毛の手触り、ツヤが格段に良くなりますよ。

1.お風呂上りに、髪に水気をしっかりとります。

2.洗い流さないトリートメントを毛先中心になじませます。

この時にクシで梳かすと、髪1本1本のなじみが良くなります。

3.ドライヤーで乾かす。

洗い流さないトリートメントを乾かすだけで、内部に水分を閉じ込めて、表面のキューティクルも整えてくれるので、引っかかりを改善することが出来ます。

以外に簡単な改善方法ですが、効果は抜群です。