10位.髪のボリュームが無くなってきた。

【原因】

内的要因

髪は生活環境の変化やホルモンバランスの影響を受けながら少しずつ変化しながら成長していきます。

子供の頃は細く柔らかかった髪も大人になるころにはホルモンの分泌も活発になり、髪の毛が太くしっかりしてきます。しかし女性ホルモンの分泌ピークの30代を過ぎるとホルモンのバランスが崩れたり生活習慣や、ストレスなどで毛髪が細く痩せてきたりします。毛量が充分あっても、一本一本のハリコシが失われ、毛髪全体がペタッとボリュームが感じられなくなる場合もあります。

お酒やタバコは、薄毛との因果関係があると言われており、お酒を飲みすぎると肝臓やすい臓に負担がかかり、抜け毛が増える原因にもなりますし、タバコは血管を収縮させますので、全身の血行不良に繋がり、健やかな頭皮環境を保てなる原因にもなります。

外的要因

・パーマやカラーの繰り返し・ずっと同じ分け目・髪の毛を長時間強く結ぶ・帽子などの被り物が多い・紫外線

【解決方法】

・シャンプーをボリュームアップタイプに変更する。最近では髪にハリコシを与えてくれるシャンプーも多く登場してきています。担当の美容師さんに相談してみてください。

・血流が悪くなると、元気な髪の毛が育たないので頭皮のマッサージは効果的です。頭皮全体を頭頂部に集めるようにマッサージしましょう。

・生活習慣の見直し、お酒やタバコを控え、栄養のある食事と良質な睡眠を心がけましょう。

・自然乾燥はNGです。必ずドライヤーで乾かしましょう。洗い流さないトリートメントをつけてから、根元を立ち上げるようにして、下を向いて髪の内側から毛の流れに逆らって、しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

・分け目を変えてボリュームアップ。全く逆にしたり、定期的に分け目を変える。

・前髪を多めにとる。前髪が少ないとトップにボリュームがないように見えてしまうので、前髪を多めに作るのもお勧めです。分け目が目立たなくなり、トップに動きがつけやすくなります。

・トップに優しいパーマをかける。髪へのダメージが少ないパーマ液もドンドン開発されてきています。

地肌付近が立ち上がりが付くようにパーマもかけれます。

・スタイリングの時にマジックカラーや、コテで根元にボリュームを出す。

コテは火傷の恐れがあるので、マジックカラーがおすすめです。